薬膳の基本に『五味、五性』があり、食べ物はすべて『五味、五性』に分けられています。季節・個々の体質や症状により、『五味、五性』を考えた食べ方や生活の仕方、考え方により未病を治す(未病とはいつ発病してもおかしくない状態)ことに重点をおき病気にならない強い体質を作ります。

五 味
酸っぱい味で収斂作用があり肝、胆、目によい。
      豚肉・ヨー グルト・チーズ・みょうが・あんず・梅・きんかん・ざくろ・だいだい・みかん・桃・りんご・レモン・酢
苦い味で消炎と固める作用があり、心臓によい。
      魚の内臓・牛、鶏、豚などの内臓・羊肉・うど・柿の葉・きゅうり・くわい・セロリ・ちしゃ・つくし・にがうり・にら・はすの葉・パセリ・ピーマン・ふき・ふきのとう・モロヘイヤ・わらび・酒・コーヒー
甘い味で緩和と滋養、強壮作用があり、脾、胃によい。
      あわ・米・もち米・とうもろこし・じゃがいも・山芋・砂糖・はちみつ・バター・くるみ・ごま・松の実・緑豆・あじ・鮎・鯉・鯛・ふな・うに・海老・牡蠣・牛肉・ゼラチン・うり・オクラ・キャベツ・さやえんどう・せり・大根・たけのこ・冬瓜・トマト・茄子・人参・ほうれん草・百合根・いちじく・柿・西瓜・梨・なつめ・パイナップル・バナナ・やまもも・木耳・椎茸
辛い味で発散作用があり、肺、鼻、大腸に良い。
      鶏肉・かいわれ・からしな・生姜・しそ・たで・玉葱・にんにく・葱・辛子・胡椒・山椒・唐辛子・わさび
塩辛い味でやわらげる作用があり、腎、膀胱、耳、骨によい。
      大麦・栗・黒豆・大豆・緑豆・きなこ・納豆・みそ・いか・くらげ・たこ・なまこ・豚の腎臓・ささげ・漬物・昆布・塩・醤油
       
五 性
からだを冷やし鎮静、消炎作用があり、のぼせ症で血圧の高い人によい。
      うどん・そば・白砂糖・ごま油・大豆油・豆腐・納豆・蟹・あさり・蛤・柿の葉・キャベツ・きゅうり・荀・冬瓜・トマト・なす・苦瓜・柿・なし・バナナ・みかん・寒天
清涼感を与え、鎮静、消炎作用があり、のぼせ症の人に良い。
      はまぐり・豚肉・春菊・せり・セロリ・ほうれん草・マッシュルーム・西瓜・のり・ウーロン茶
寒熱のゆがみがなく日常食べるもので、常用すれば滋養強壮の効果がある。
      米・さつまいも・里芋・じゃがいも・蜂蜜・ごま・大豆・きな粉・鯉・いしもち・平目・心臓・卵・かぶ・さやえんどう・人参・白菜・れんこん・ぶどう・椎茸
からだを温め、興奮作用があり、冷え症や水滞の人に良い。
      粟・大豆・もち米・長芋・黒砂糖・松の実・鰺・鰯・鰻・鮒・海老・からしな・しそ・生姜・大根・玉葱・人参・にんにく・葱・ふきのとう・モロヘイヤ・あんず・パイナップル・りんご
からだを温め、興奮作用があり、貧血、冷え性の人に良い。
      羊肉・酒・胡椒
       
五味調和
肝臓、筋、目、胆のうを強くする。
      酸味のものは、気を収斂する作用があります。肝臓などが弱っているとき、適当に酸味を取ると元気がでます。しかし、胃の陽気が少ない人は酸味を過食すると食欲がなくなります。
心臓、血脈、舌、小腸を強くする。
      苦味のものは、引き締め、かためる作用や熱をとる作用があります。したがって過食すると元気がなくなりからだが冷えやすくなります。胃や、心臓に熱が多い人は、ピーマンなど苦味のある生野菜を多食するのがよい。しかし、胃の働きが悪い人は、胃腸を冷やすので食欲不振となります。
脾、胃、肌肉、唇を強くする。
      甘みのものは一般に疲労を取る作用があります。砂糖や、チョコレートなどの甘さもそうですが、澱粉質の甘さもこれに含まれます。疲労したときは糖質のものを食べるのがよいのです。ところが疲労していないのに甘みのものを過食すると、からだがだるくなります。腎臓の弱い人は甘いものを過食しないよう気をつけましょう。
肺、鼻、大腸、皮毛を強くする。
      辛みのものは、陽気をめぐらし、からだを温める作用があります。胃の働きの悪い人、からだの冷えやすい人、活動力の鈍い人などは、適当に辛みのものをとるとよいのです。が、辛みを多食すると、からだを温め汗を出すので、かえって熱を取られ、冷えることがあります。のぼせている時は、ひかえたほうが良い。
腎臓、骨髄、耳を強くする。
      塩辛い味のことで、塩を青菜にかけると水が出てきます。塩辛みは腎の水を取り、周囲を潤し、やわらげる作用があります。しかし、とりすぎると血が粘っこくなり、腎の働きを低下させます。腎が弱ると白髪や、歯が悪くなったりします。
 

Top Page TOP
-1〜3-
NEXT