中国本草綱目
心臓や血管を丈夫にする、循環器系統の強化作用がある。
膵臓の機能を活発にする。
高くなった血圧を下げる。
咳を止める。
熱を下げる。
腫瘍を消す。
治吐血、喀血、便血、鼻血を止める。
月経不順を治す。
尿の出をよくする。
骨折による苦痛をやわらげる。
痰を切る。
細菌におかされた泌尿器官を正常にする。
消化器官からの出血を止める。
咳、喘息 をおさえる。

スギナの成分・分析表
成分 スギナ(葉) スギナ(根) ホウレン草 春菊 長ねぎ ゴボウ
リン(mg%) 300 190 64.3 54.3 44.0 93.3
カリウム(mg%) 3,620 1,290 708.0 654.0 206.0 394.0
カルシウム(mg%) 1,940 390 12.5 100.4 55.4 127.4
マグネシウム(mg%) 300 160 100.8 23.5 13.4 66.2
マンガン(ppm) 55.3 6.4 1.9 2.4 4.9 2.9
鉄(ppm) 291.01 155.7 19.0 39.0 13.6 11.5
亜鉛(ppm) 40.2 34.9 6.1 5.2 2.7 6.9
銅(ppm) 10.4 12.8 2.0 17.0 0.9 3.3

スギナを緑色に乾燥させる法
70度の湯にさっとくぐらせる。
水切りをして陰干しをする。

スギナのエッセンス
10gの生のスギナを洗って、焼酎50cc(アルコール度35%)の入った瓶に入れ蓋をして 2週間、太陽のもとか暖かい場所に置き、瓶をゆする。傷口の洗浄や虫刺されに用いる。

スギナ化粧水の作り方
1. スギナエキスをつくる
 
@ ホワイトリカー25度、720ml 1本
A 乾燥スギナ10g
B 生のスギナの場合は100g
@Aを入れて密封して冷暗所におく。
  (乾燥は2週間、生は3ケ月)
2. 化粧水をつくる
 
@ スギナエキス40g
A スギナ煎じ汁100g
B グリセリン20g
@ABを混ぜ合わせて出来上がり。

超簡単なスギナ化粧水の作り方
スギナ15g(乾燥)に水150ccを加え、100ccまで煮詰めて、焼酎40g、グリセリン20gを加えてよくふれば出来上がり。
冷蔵庫で保管する。


Top Page TOP
-7-
NEXT